GDPR (EU一般データ保護規則)の導入


  • works@Lingvist

    GDPR (EU一般データ保護規則)の導入に関してご連絡申し上げます。

    GDPR (EU一般データ保護規則)とは、個人に関するデータを保護するために2018年5月25日よりEU諸国で適用された規則です。GDPR は、市民と居住者が自分の個人に関するデータをコントロールする権利を取り戻すことと、欧州連合域内の規則を統合することを主な目的としています。

    この規則の適用により2018年5月25日からLingvistは以下の点(抜粋)において変更/更新を行いました。

    • プライバシーポリシーを更新
      GDPRに対応した内容に更新されました。詳しくはこちらから。
    • 個人情報のダウンロード
      Lingvistが収集したお客様に関する情報を機械可読形式でダウンロードすることができます。詳しくはこちらから。
    • アカウントの削除
      お客様が自分でアカウントを管理できるようになりました。
      アカウント削除(解約)ボタンを押して、手続きを済ませると、お客様のLingvistでのアカウントが削除されます。詳しくはこちらから。
    • アカウントの削除:有料ユーザーに関して
      アカウント管理をユーザーに任せる規則により、ユーザーの自己責任も大きくなります。プレミアムプランにご登録のお客様、体系移行前の有料ユーザーの方も、アカウント削除の手続きがご自分でできるようになりました。お客様が有効期限の前にアカウント削除をしてしまった場合の払い戻し、退会取り消し等はできません。予めご了承ください。詳しくはこちらから。

 

Recent topics: